二次加工

ワイヤ(丸線・角線)、パイプ部品はアセンブリー部品の構成部品の一部であることが多々あります。曲げ工程の後、面取り、ねじ加工、穴あけ、切断、マシニング、刻印、ノッチング、ハイドロフォーミング、溶接、3D測定、搬送、ストレージ等が必要とする場合、ヌームアリアンスはこれらの2次工程を統合したソリューションのご提供を得意としております。

下記はヌームアリアンスでご提供している2次加工統合の一例です。

プレス工程

ヌームアリアンスはプレス分野において、どんなご要望にもお応えします。

ヌームアリアンスは御社のニーズに合ったプレスを製造いたします。3タイプの標準構造、門型(ストレートサイド、4柱)C型、必要トン数、寸法、内蔵ハードウェア等、必要とされる技術スペックに対応いたします。

 

クイックツールチェンジャー(SMED)、ツール搭載/取出システム等、プレスのアタッチメントソリューションもご用意できます。

ヌームアリアンスは世界中どこでも、お客様の生産ラインを設計、製造、設置します。生産ラインの構成は油圧式プレス/エレクトリックプレス、複数のプレス、供給ラインの組み込み、定寸カット材用ユニット、エンボス、穴あけ、熱処理、樹脂注入等、多様に対応いたします。

Secondary operations
Secondary operations
Secondary operations

冷間ヘッディング加工

排気ラインは、長い排気パイプラインとそれを車体構造に組み付ける多数のハンガーで成り立っています。これらのハンガーはワイヤ材、パイプ材の両種が存在します。

ハンガーは振動防止のためのゴム製マウント、サイレントブロック上に取り付けられます。

排気ハンガーは、マウント上に取り付けるため端末が特殊な形状になっており、駆動時の車体の動きにも対応します。サイレントブロックは時にはワッシャー1枚のこともあります。

冷間ヘッディング(冷間鍛造のテクニック)により部品端末の成型を行います。ヌームアリアンスのソリューションは、ヘッドと鍔のフォーミングを同時に行えます。

これらのユニットは油圧式、サーボ式どちらも選択可能です。また、スタンドアローンのバージョンも可能です。

オートメーション

オートメーションは最先端技術を結集し、タスクを簡素化、オペレーションコストを低減、生産性アップ、品質向上をもたらします。

オートメーションは独自のソフトウェア開発により、様々なエレクトロニクスシステムを駆使します。

 

 

 

エレクトロニクスシステムには以下の例が挙げられます:

    センサー(アナログ、デジタル)
    プログラム可能なロジックコントローラー
    コミュニケーションバス
    2D,3Dのヴィジュアルシステム

これらのテクノロジーは情報を電子シグナルに変換し、生産工程での有効活用、生産ツール、あるいはオペレーターとのダイアログを可能にします。

Equipements périphériques - Robot automation
Equipements périphériques - Bras rommer

3D測定と検査

CNCマシンと同様、測定検査の方法はユーザーの感じる不便、不具合に耳を傾け、日々開発が進み、測定工程は生産サイクルに統合が可能となっております。よって、生産工程中、不良の検知、対応を迅速に行い、製品の形状品質を保証します。

今日、デジタル測定ブースは高性能光学カメラを備え、即時の品質チェックを行うだけでなく、即時、そして自動的にプログラムの修正を行えます。

これらの測定デバイスは様々なテクノロジーを駆使し(スタティック、ダイナミック、レーザー層等)、固定、あるいは可動デバイスを選択できます。

測定デバイスとマシンとの対話により修正が容易に。生産性向上に貢献します。

弊社のマシンラインアップは全てこれらの測定デバイスとダイアログ可能です。「インポート」機能を使って、曲げ修正情報をインポートし、即応答、正確性を向上します。

特筆すべき特徴に、「リバースエンジニアリング」モードが挙げられます。プロトタイプ部品を3Dスキャンすることにより、3Dモデル、及び必要な生産プログラムを自動的に生成します。